Home > スポンサー広告 > frapsとdxtoryの違い


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント:-

マサキ 2007-08-03 (金) 11:28 [編集]

気合があるならふぬああがお勧めだ。
ものぐさな俺はキャプボで録画だがね。

ハタハタ 2007-08-03 (金) 11:48 [編集]

>>マサキさん
ふぬああの存在を初めて知って落としてみた。
なるほど、確かに気合がいりそうな多機能っぷり(・3・)
ちといじってみよう・・・。

JJJ 2007-08-03 (金) 13:16 [編集]

アンチエイリアスを使うことによって、入江が赤坂にかわるんですね!!111非常に勉強になりました!!11

JJJ 2007-08-03 (金) 13:16 [編集]

逆だった^~^

ハタハタ 2007-08-04 (土) 10:45 [編集]

>>JJJさん
梨花ちゃんは大石にかわりますよ┏(^ω^)┓
そこを突っ込まれるとは読んでいなかったァーッ

コメントフォーラム
管理者にのみ通知する

Home > スポンサー広告 > frapsとdxtoryの違い

Home > [PC]キャプチャ/エンコード > frapsとdxtoryの違い


frapsとdxtoryの違い

ねんがんの ふらっぷすを てにいれたぞ!

fraps購入しました。
dxtoryとfrapsは同じ撮影ソフトですが、お互いに動作が違うため、得意分野が完全に異なります。

今回は、ビデオキャプチャソフトのfrapsとdxtoryの違いについて書こうと思います。
ちなみに詳細なデータを集めて検証等をしたわけではなく、長い間両ソフトを使っているうちに気づいた点など感覚に近いので、どっちを買うか迷った時のちょっとした参考程度に受け取ってください。
◆dxtoryの長所
無料版の制限が少ない
時間制限無し、撮影した動画にwww.dxtoryの文字に入るだけ。
動画キャプチャしたいけどお金かけるのは嫌だ。でもフリーのキャプチャソフトって重いのが多い・・・って人にdxtoryをお勧めできる点。

細かい設定が可能
撮影サイズを、撮影対象のウィンドウサイズの%で指定出来ます。
frapsではフルサイズ(撮影ウィンドウサイズのまま)かハーフサイズ(その50%の大きさ)しか指定出来ません。
例えば800×600であるひデブを80%で撮影すれば640×480で撮影可能。
これを利用すれば、HDDの書き込み速度がイマイチでも低解像度キャプチャする事によってビデオFPSの低下を回避することが出来たり、エンコード時にリサイズする手間を省くことが出来るので便利です。
画質についてもfrapsより高い、または低い画質から選んでキャプチャできます。
他にも設定項目はあるけど、体験版でも確認できるので省略。

frapsより高画質キャプチャが可能
frapsは一定の圧縮が強制的にかかってしまうため、画質を追求するのには向いてないかもしれません。
(ぱっと見て分かるような劣化じゃないですが。)
dxtoryはほぼ無圧縮(のような?)画質でキャプチャ出来ます。

複数のハードディスクに同時書き込み
dxtory公式サイトでも大々的にアピールしているこの機能。frapsにこの設定は無いです。
一つのハードディスクに動画を書き出す場合、どうしてもハードディスクの書き込み速度がネックとなって、スペックが足りていても書き出された動画はカクカク・・・なんて事はよくあります。
高い解像度や高いFPSで撮影してHDDの限界まで使い切るような動画をとる場合は、この機能が役に立つんじゃないでしょうか。(HDDが複数搭載されてないと使えないですけど。)

FPS非同期
例えば60FPSのゲームを撮影するとき、ゲームは60FPSで動作させたまま、30FPSや40FPS等の動画を撮ることが出来ます。

動画ファイルが分割されない
frapsはキャプチャ中の動画が4Gを超えるとファイルが分割されますが、dxtoryでは撮影開始から撮影終了までが一つの動画にまとまります。
動画結合の手間が省けるので、キャプチャした動画をエンコードをする自分としては大きな利点に感じます。





◆dxtoryの短所
動作が重い(?)
アンチエイリアスをかけてゲームをした際に、Dxtoryの方がfrapsより重くなる傾向があります。
内部の仕様を知っているわけではないので予想なのですが、DxtoryはDirectXに直接干渉してキャプチャを行っているのではないかと思います。
そのため、アンチエイリアス等によってDirectXの処理に遅れが出ると、その分がキャプチャに影響するのかもしれません。
あと、Dxtoryはfrapsより高画質なキャプチャが出来るように設定出来るので、その画質の差がCPUやHDDへの負担の差になっていた可能性もあります。

「frapsの方が動作が重い。Dxtoryの方が軽い。」なんて話はちらほら見ますが、これまた微妙です。
frapsはfps同期機能のせいで、キャプチャ速度にHDDやCPUが追いつかない場合に、キャプチャしているゲームなどのfpsも強制的に落としてしまうので、そのせいでfrapsは動作が重いと思われたのかも。
dxtoryはfps同期しない分ゲームへの悪影響は少ないものの、結局出来上がった動画は思ったフレームレートが出ていないガクガクな動画という可能性も。
もしかしたらアンチエイリアス無しではDxtoryの方が軽いのかもしれないですが、詳しくは分からないです。





◆frapsの長所
撮影しているアプリケーションへの負荷が少ない(?)
dxtoryの短所に同じ事を書きましたが、撮影しているゲーム等への負荷が低いように感じます。(FPS同期でFPSを落とされていない場合に限り)
ただ、結局CPUとHDDがある程度のスペックを満たしていればどちらも快適に動作するので、あまり気にする必要もないかもしれません。
スペックに自信がない場合は、体験版を使って試してみるのが一番ですね。

撮影後のファイルサイズが軽い
短所にもなりうる微妙な点。frapsはFPS1という形式に圧縮しつつ撮影する仕様になっているので、無圧縮撮影の半分ぐらいのサイズになります。(画質劣化は気にならない程度)




◆frapsの短所
aviutlで動画が読み込めない
これはうちの環境だけかもしれませんが、frapsで撮影した動画をaviutlで読み込むと、なぜか砂嵐のような動画に。
仕方なくVirtualDubを使用中・・・。まぁこっちはエンコ速度がaviutlの3倍か4倍ぐらい速いから良いっちゃ良いんですが、どうしても圧縮時の劣化度の高さが気になります。

プラグインで解消

2GBを超えたファイルをaviutlで編集出来ない
2GB以上の動画をaviutlでエンコードすると、2GB以降の部分が真っ黒になり、うまく仕上がりません。
確かAVIの規格かバージョンか何かの問題でaviutlが編集できない形式だったんだっけ・・・。virtualdubで軽量化→aviutlで編集して凌いでます。

これもAvitul側で対策可能・・・、ただ解決法は忘れました。
ググれば多分出てきます。

FPS同期
frapsの一番困った部分。
30FPSの動画を撮影しようとすると、60FPSのゲームであろうと強制的に30FPSに落とされます。当然無理やり30FPSにされたゲームは不安定なカクカク状態に。不便な事極まり無いです。

4GB毎にファイル分割
撮影しているファイルが4GBを超えると、それ以降の部分が別のファイルとして書き込まれます。
とった動画全体を一つのファイルとして扱いたい場合は、後から結合する作業が必要になるので少し面倒です。





・まとめ
自分はアンチエイリアスをかけた綺麗な状態でゲームをプレイしたいので、アンチエイリアスをかけた時に激重になるdxtoryよりfrapsの方が良いと感じました。
ただ、撮影サイズの%指定や画質設定等はdxtory側にしか無く、frapsは設定できる項目が少ないので不便です。
動作fpsが撮影fpsと同期されるのもかなり困りもの。
結局は、どういった環境でどういった用途に使うのかで優劣が変わります。
dxtoryとfrapsを比較しているサイトさんは多いので、そういった所から情報を手に入れたり、実際に体験版を動かしてみてから自分に合ったものを選ぶと良いです。

(以上のまとめは2007年8月記載。以下2009年3月追記)

現在はスペックも上がってdxtoryもfrapsも快適に動くので、設定が細かいdxtoryの方がよく感じます。
ただ、依然としてDxtoryの負荷が高いような感じは受けます。
ひぐらしデイブレイクを60FPSのフルサイズ800x600で撮影したところ、frapsでは60fpsをキープ出来ますが、Dxtoryでは画質を変えても40~50FPSと不安定でした。
アンチエイリアスで重くなるという症状かもしれませんが、そこまで詳しく検証していないので理由はよく分かりません。
とりあえず、安定度だけは確実にfraps優勢です。
Dxtoryは特定のゲームを対象にスケーリング撮影したとき、アンチエイリアスが動画に反映されずジャギーだらけになってしまう症状もあるし。

まぁ結局は環境や用途に左右されるので、体験版を使ってから自分に合ったものを選ぶべきという点は変わらずですね。





ちなみにアンチエイリアスって何?って人のため
・アンチエイリアス無し
アンチエイリアス無し

・アンチエイリアス有り
アンチエイリアス有り


(・ε・)の輪郭線や背景がガタガタorスムーズという点が違います。こうやって画像をスムーズに表示する機能がアンチエイリアスです。
各自のグラフィックボードの設定画面から設定可能だと思います。(オンボやグラボの種類によっては強制設定不可)

コメント:5

マサキ 2007-08-03 (金) 11:28 [編集]

気合があるならふぬああがお勧めだ。
ものぐさな俺はキャプボで録画だがね。

ハタハタ 2007-08-03 (金) 11:48 [編集]

>>マサキさん
ふぬああの存在を初めて知って落としてみた。
なるほど、確かに気合がいりそうな多機能っぷり(・3・)
ちといじってみよう・・・。

JJJ 2007-08-03 (金) 13:16 [編集]

アンチエイリアスを使うことによって、入江が赤坂にかわるんですね!!111非常に勉強になりました!!11

JJJ 2007-08-03 (金) 13:16 [編集]

逆だった^~^

ハタハタ 2007-08-04 (土) 10:45 [編集]

>>JJJさん
梨花ちゃんは大石にかわりますよ┏(^ω^)┓
そこを突っ込まれるとは読んでいなかったァーッ

コメントフォーラム
管理者にのみ通知する

Home > [PC]キャプチャ/エンコード > frapsとdxtoryの違い

リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。